藤代

| 未分類 |

【藤代誠二】

 

武蔵森、FW。
天才児の名をほしいままにする中学2年生。

 

この子は基本的にアホの子なんですけど、プレー自体はやっぱり楽しいです。
そう、藤代がするプレーはたとえ平面の漫画の中でもワクワクするんですよ。
楽しいって本人が思ってる気持ちが前面に出てきてるのかな(笑)

 

藤代は選抜の合宿中、主人公の将くんに1番近い位置にいたかもしれません。

 

同じFWっていうのと、将くんが元武蔵森中学にいたということで将くんの憧れでもあるんですよね。すごいなあって。

 

で、そんな藤代は、天才でいろんなことができるので将くんのサッカーができないっていう苦しい気持ちはわかりません。

 

でもサッカーが大好きって気持ちは一緒なので、サッカーを一緒になって遊んでくれたりするんです。
自分が遊びたいだけなんですけどね、(笑)
このふたりが遊んでると子犬がふたりでボールを追いかけ回してるように見えて、すごく微笑ましいwww

 

藤代は無邪気な分、残酷だったりするんですけど。

 

たぶん中学生だし、許される範囲じゃないかなあ。お互いがそうだと気づいてないから。

 

でもこれからも同じ態度だと、それは傲慢にしか見えないわけで。
藤代はサッカーの技術力だけじゃなくて、プレーする場と仲間にも恵まれてるなあと思います。