杉原

| 未分類 |

【杉原 多紀】

 

たっきーも、アンダの3人と同じロッサのユースに、元々は所属してました。

 

でも同学年の3人の圧倒的な技術力を前に、ユースを辞めてしまったんです。
うーん。すごくわかる気がする。だって、小学生ですよ。

 

上手な子が集まるチームに居て、自分も周りより圧倒的に上手なのに、それを突き放すように、それ以上の存在感と技術力を持った子たちが、しかも同学年に3人もいるんですよ?

 

恐怖ですって!

 

でもたっきーは諦めなかった。
それが、サッカーが好きなことの意地だと思います。

 

だってたっきーは、3人の誰よりもパスの技術力が高いです!
自分の武器を徹底的に鍛えて来た結果です!

 

体が小さくてもできることはあるって、将くんに教えてくれたのはたっきーです!
……そんなたっきーも、補欠の将くんにだんだん試合に出るチャンスを奪われていきましたが……。

 

最初はアンダーの3人に敵意むき出しでしたが、中盤や最後のほうではちゃんと認めて(元々認めてましたが)、むしろ認めさせて、仲直りの場面は無かったけど、サッカーを通してそういう気持ちを通じ合わせてたんじゃないかなあと思います。
男の子っていいですよねえ。

 

言葉にしなくても伝わる気持ちって、なかなか感じられません。